え、俺がどうしてこんな事に…?海藻の鬱病闘病日記

四年間地下鉄で勤務していたら突然鬱になった元駅員の病状把握・共有日記です。

3/22 離脱作用収束へ の巻

こんにちは!海藻です!
昨日はサインバルタの離脱作用(目眩、シャンビリなど)があまりにも酷かったので一日中家に引きこもっていました。

私のサインバルタの服用期間は約3ヶ月。長引くことの多い鬱病患者が断薬までこんなに早く辿り着けた事自体奇跡なような気もします。
周りの環境が良かったのかな、職場の仲間や元恋人、家族にも沢山迷惑を掛けたけど、これだけ改善してきたのだからそろそろ自分の為にも周りのためにも色々と動き出さねば…!と思う次第です。

サインバルタの離脱作用によるものか不眠気味になってしまい、一昨日の就寝時間は午前3時と生活リズムに狂いが生じてしまったので昨日は夕方まで布団の中から出られませんでした。

夕方頃から愛犬と一緒に手芸をしながら過ごし、夕方には母が帰宅してきた為、食べられるだけ夕飯を食べて絵を描くことにしました。
ラフを描いてペン入れをして…あれ!?離脱作用が収まってきてる!!
夕食を食べた事、好きなお絵かきをした事でセロトニンが分泌されたのでしょうか、インフルエンザの様な離脱作用が少し和らいだのです。
ペン入れが済み、色を塗る頃には普通に立ち上がることさえ可能になりました(とは言っても一度ぶっ倒れましたが(笑))

色塗りをした後はシャワーを浴びて就寝。かなり回復してきましたね…。

今は千鳥が淵まで桜を撮影しに行った帰り道です。歩いていると軽いシャンビリ、目眩が来ますがこんなものは屁の様なもの。
このまま断薬、鬱の緩解へ向けて頑張るぞ!!新しい夢、目標も出来たのだから!!!